00:00 Studioとは?

00:00 Studio(ふぉーぜろすたじお)とは、「クリエイターが、作業中を淡々とライブ配信するサービス」です。

マンガの完成形ではなくて、その作業している途中の経過を見せることで、ファンのみんなから応援をしてもらったり、「一緒に作業をして元気をもらおう」と思ってもらうためのサービスです。

何ができるの?

クリエイターさんは、本サイトを通じて、作業中の様子をライブで配信することができます。作業している自分の姿をうつすこともできますし、画面を共有することもできます。

※現在、クリエイターの登録はフォームから行っています。以下からご連絡ください。

クリエイター登録をする

見ている人は、それを見て、コメントをしたり、ハートを送ったりできます。(現在は準備中ですが、将来的には有料のギフト機能も予定しています)。

なんで作業中を配信するの?

従来のライブ配信サービスなどは、上手にしゃべれたり、ルックスがよい人だったり、お客さんとコミュニケーションが上手な人が評価されがちでした。

しかし、クリエイターが絵を描いている画面だったり、一言もしゃべらなかったとしても、作品を創っている姿は非常に魅力的です。そういったものを配信することで、よりファンを増やしたり、ファンが喜ぶ場を作れるのではないか・・・という思いから00:00Studioはスタートしています。

ご自身では「コンテンツとしておもしろくないのでは・・・」と思うようなものでも、作業している姿が見れ、つながることができるのはファンにとってはとても魅力的なものです。その「つながり」を創るのが、00:00 Studioの目的です。

誰が運営しているの?

00:00 Stuidoは、アル株式会社が行っております。

アル株式会社は、マンガサービスである「

00:00 Studioの名前の由来

00:00 Studioという名前には、いくつかの意図があります。

一つ目は「00:00」という、動画のはじまりを指しており、「何かを生み出している途中経過をシェアすることで、物語のはじめから応援をしてもらう」という意味が込められています。

また、00:00は、見ているお客さんの「目」という意味もあります。いろいろな人が、クリエイターの作業を目にすることで、よりクリエイターさんへの応援の気持ちを強められないかと考えています。

00:00 Studioとは?

00:00 Studio(ふぉーぜろすたじお)とは、「クリエイターが、作業中を淡々とライブ配信するサービス」です。

マンガの完成形ではなくて、その作業している途中の経過を見せることで、ファンのみんなから応援をしてもらったり、「一緒に作業をして元気をもらおう」と思ってもらうためのサービスです。

何ができるの?

クリエイターさんは、本サイトを通じて、作業中の様子をライブで配信することができます。作業している自分の姿をうつすこともできますし、画面を共有することもできます。

※現在、クリエイターの登録はフォームから行っています。以下からご連絡ください。

クリエイター登録をする

見ている人は、それを見て、コメントをしたり、ハートを送ったりできます。(現在は準備中ですが、将来的には有料のギフト機能も予定しています)。

なんで作業中を配信するの?

従来のライブ配信サービスなどは、上手にしゃべれたり、ルックスがよい人だったり、お客さんとコミュニケーションが上手な人が評価されがちでした。

しかし、クリエイターが絵を描いている画面だったり、一言もしゃべらなかったとしても、作品を創っている姿は非常に魅力的です。そういったものを配信することで、よりファンを増やしたり、ファンが喜ぶ場を作れるのではないか・・・という思いから00:00Studioはスタートしています。

ご自身では「コンテンツとしておもしろくないのでは・・・」と思うようなものでも、作業している姿が見れ、つながることができるのはファンにとってはとても魅力的なものです。その「つながり」を創るのが、00:00 Studioの目的です。

誰が運営しているの?

00:00 Stuidoは、アル株式会社が行っております。

アル株式会社は、マンガサービスである「アル」を運営している会社です。世界中の人がマンガを楽しめるようにするために、マンガのコミュニティやメディアなどを創っている企業です。

00:00 Studioの名前の由来

00:00 Studioという名前には、いくつかの意図があります。

一つ目は「00:00」という、動画のはじまりを指しており、「何かを生み出している途中経過をシェアすることで、物語のはじめから応援をしてもらう」という意味が込められています。

また、00:00は、見ているお客さんの「目」という意味もあります。いろいろな人が、クリエイターの作業を目にすることで、よりクリエイターさんへの応援の気持ちを強められないかと考えています。