日本画家 立木美江

掃除機をかけていたので、音声は切っています。ゴマ粒ほどの大きさの花びらを描いています。針に糸を通し続けるような作業で、修正が難しいので、一発作業です。微妙に花びらにグラデーションをするためにぼかしています。画面の外側でひたすら筆先を整えての作業です。
2021/11/19 14:20

SNSでシェア

or

URLをシェア